スポンサーサイト

2015.04.12 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.07.08 Tuesday

    0
      JUGEMテーマ:今日のこと
      我が家の二階の軒下の隙間にミツバチが巣を作っていて、大掛かりな駆除をしてもらったのは確か二年前。
      大工さんに入ってもらって、軒下の板をはずしたら 南側からも北側からも5.60 cmに渡ってミツバチが巣を作っていて、大量の蜂蜜と共に巣を撤去したのでした。
      2.3 日大工さんに入ってもらって、大した出費だったように思う。

      にも関わらず、蜂はその場所がずいぶんなお気に入りなようで、去年も今年も同じ場所に蜂が出入りしているのです。
      去年は隙間から薬を入れて、蜂を撃退する方法で取りあえず収まったように思えたのですが、やはりそれで蜂が居なくなったわけでは無かったようです。
      先月くらいからまた、蜂の出入りが頻繁になり、二階の子供部屋や旦那の仕事場にもぶんぶん入って来るようになって、
      蜂アレルギーの有るおチビとの共存は危険きわまりない.......と、今年も駆除に来てもらい薬を入れてもらったのですが、収まらないのです。

      どうもまた、大きな巣を作っているような気がする。
      また、板をはずして巣を撤去か.......。
      また大工さん頼んで......?

      自分ではずす!と決心した旦那さん。O さん家から蜂用の防虫ネットを借りて来て屋根に上がります。

       

      見てる分には大したこと無い傾斜やけど、上がったらすごい怖い.....んだそうです。

       
      足場を作っています。                  大工さんの使う馬です。これを足場にします。

      足場が出来た頃に、駆除の業者さんが到着。
      こちらは旦那ではなく業者さんです。

       
      共同作業.......「オレは何屋さんやねん!!」        袋の中は、蜂の巣と蜂蜜。五キロはありました。

      やっぱり二年間の間に4.50cm程の巣が出来上がっていました。
      へらで全部こそげとって、二時間ほどで作業は終了。

      板をもどして塞ぐのは、さすがに大工さんに入ってもらいましょうか。
      田舎に暮らすと、ほんま色々あります。

       


       

      スポンサーサイト

      2015.04.12 Sunday

      0
        関連する記事
        コメント
        ほんま、田舎で暮らすと「何でも屋」になりますねぇ〜
        • by 音江のH
        • 2014/07/22 8:31 AM
        コメントする