スポンサーサイト

2015.04.12 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    餅米の稲刈りをしました。

    2014.10.01 Wednesday

    0
      JUGEMテーマ:今日のこと
      ここ越畑の里山の生活や風景を残したい......。という主旨を持った仲間で餅米を作っています。
      と言っても、実際はその要となる農家の O さんに作ってもらい、我々はお手伝いをするに過ぎないのですが.......。

      はさ掛けして天日に干している稲のある、日本の里山の風景。

        

      ここ越畑でそれを守り続けて来られた A さんが亡くなられてかれこれ三年になるでしょうか。
      A さんの餅米を私たちの仲間の O さんが引き継いで、今年が三度目の稲刈りでした。

      わら草履やしめ縄を作る稲ワラは、うるち米のワラではなく、この餅米のワラなのです。
      餅米のわらの方が長いのだそうです。

      冬の始まりにある宕陰校での収穫祭でのしめ縄作りや、近々地元で催されるハローウィン祭り、右京の中学校のPTA役員訪問の際のイベントでのしめ縄作りで使う稲わらも、私たちが刈ったこのわらが頼りです。
      責任重大だ。


       
      ワラを取る為にはコンバインは使えません。コンバインはワラを切り刻んでしまいますから.....。
      手刈りもしくはバインダーという小さな機械で稲を刈り取り、人力で田の畦の稲木に渡した竹に掛けて天日で乾かします。


        
      今日の手伝いは、O さんとこの Y ちゃんと去年越して来た M さんとわたし。

      でも、昨日のうちに若者 C ちゃんと J 君が田んぼ一枚分済ましてくれていたので、思ったよりずっと早く終わりそうです。
      三年目ともなると、なかなか手際がいい。

        
                                              きれいに終了!!。


      今年も美味しいお餅が食べられます。
      しめ縄作りも大丈夫!

      お昼からは仕事だ!!

      里山の運動会

      2014.09.28 Sunday

      0
        今日は宕陰小中学校の運動会でした。
        京都では学校の運動会とは別に、区民運動会みたいな地域の運動会があるのですが、ここ越畑ではどっちも合わせての大運動会が行われます。
        運動会日和、真っ青な空の中万国旗がはためき..........。


        入場行進。

          
        徒競走も障害物走も、Tちゃんとおチビの対決です。
        小学 2 年男子は二人だけ。二人とも負けん気の強さでは勝るとも劣らず(笑い)。
        結果は一勝一敗。いい勝負です。

          
        お昼には太鼓演奏があり........。

          
        走楽(らん)。なかなか格好いい!

          
        小さい学校ながらも、ちゃんと紅白に分かれて競い、応援合戦もあるのです。
        引っ越して来たばかりの時、なんじゃこりゃ.....!!と思ったけれど、もう慣れてしまった当たり前の風景です。


          
        お昼からの競技は、借り物競走や玉入れ。借りて来る物が、”越畑に住んでる眼鏡かけたひと”だったりするのがおかしい。



        玉入れは地域対抗、4チームで行います。越畑二組、樒原二組ですが、なぜか必ず1位2位は樒原チーム。
        私の知ってる12回すべて越畑の勝ったためしはありません。


        地元の卒業生によるフリーエントリーリレーも盛り上がりました。
        そして最後。クライマックスはやはり小中合同の紅白対抗リレーでしょうか。


        アンカーは赤組 中2のS君、白組中3H(うちの息子)。かなりの盛り上がりをみせてくれました!

        このほかジャンボかぼちゃの重さ当てコンテストや、豪華景品の出るじゃんけん大会。
        女性会の出し物や、そうそう、子どもたちと教職員、保護者による綱引きもありました。
        親子リレーも毎年の見物です。
        今年は、第一走者はなんとおチビと私。そしてアンカーが息子とダンナなのでした!

        アンカーにバトンを渡した時までは、親チームがリードしていたんだけどな。
        結果はご想像の通りです。

        長い1日が終わります。
        明日おきられるかなぁ.....


         


         

        脱穀

        2014.09.25 Thursday

        0
          台風と言って、お天気が崩れたのは1日だけでした。
          夕べは雨が降ったようですが、九時くらいにはお日様も顔を出し、夕べの雨にぬれた稲もいつの間にか乾いていて、予定通り脱穀もできるようです。
          自然の陽の光の力には驚かされます。

            
          田んぼへ集合。                      先生方は下準備。

            

          4年生。地元っこの Dちゃん。手つきが違う!!       初めての経験、T ちゃんも良い手つき。

          頑張る、おチビと T ちゃん。


          ここでも。

          昔ながらの作業では、二時間かかっても袋に二つ有るか無しの量。
          後は、機械でしてもらうことに......。
          でも、天日干しのお米はきっと美味しいことでしょう。
          途中、足ふみ脱穀機が故障したりのトラブルも.....。カメラも露出を間違えたまま撮っていて、こんなおかしな写真でごめんなさい!!

          夕焼け

          2014.09.24 Wednesday

          0
            JUGEMテーマ:今日のこと
            秋分の日も過ぎて、日に日に夕暮れが早くなり........。
            雨続きの晩夏は何処へやら、毎日さわやかな秋空です。そして夕暮れにはきっと美しい夕焼けがみられます。

              

            その夕焼けも毎日違う表情。息子のHの撮影した夕焼け。自分の机の前の窓から。

            学校稲刈り

            2014.09.17 Wednesday

            0
              JUGEMテーマ:今日のこと
              午前中は用事で出かけていたので、大急ぎで戻って学校の田んぼに......。
              稲刈りはほとんど終わっていて、刈った稲を束ねたり、馬に掛ける作業の真っ最中でした。

                
              中学生!サボってないか!?

                

                
              おチビたちも、稲を運んでいます。

              指導に当たっているのは、地元の O さん。ご苦労様です。

                
              何話してるん?

              夕方無事?終了。
              風で倒れないといいけど......。




               

              稲刈り

              2014.09.16 Tuesday

              0
                JUGEMテーマ:今日のこと
                連休が終わりました。
                越畑では稲刈りが進んでいるようですが、原はまだ青いとのことで稲刈り、一部しか済んでいないみたい。
                28日の運動会までには済ませたいと思いながら、稲の様子を見ているのだそう。
                原の方が田植えは早いのに稲刈りは遅いんやな。少しの標高差なのに違うんだそうです。
                水の出所も違うし、原と越畑のお米の味が違うというのに何となく納得........。

                早朝娘をJRの駅まで送って行きました。


                朝の秋空がきれいです。

                 
                私の好きな場所。仲良しの S ちゃんちの田んぼを見下ろす風景。

                 
                 
                  
                刈り終わった所と、まだ稲穂が輝いている場所とのコントラストも美しい。

                今日は宕陰小中学校も稲刈りです。

                かぼちゃ

                2014.09.09 Tuesday

                0
                  JUGEMテーマ:今日のこと
                  日曜日、家の周りも畑も草ボウボウなので、草刈りができるように整理しました。
                  旦那は裏のタラの木や山椒の木、柿の木の枝をはらい、
                  私は庭から下の畑の法面を覆っているカボチャをひきました。

                  まだ若いカボチャの実がついているのも有り、残しておきたい気持ちもあったけど、これがあったら草刈りができないのだ。
                  ツルをひっぱると葉の陰からコロコロとカボチャが出て来て嬉しくなります。
                  ピーナツかぼちゃ、ホッコリ姫、ラグビーボール型の、白っぽくって大きいの.......。正統な栗南京も。
                  色んな種類のかぼちゃがあちこちに実っていました。


                  こんなに沢山!!

                  こんなに沢山どうすんの!?と言われそうですが、あちこちにお裾分けしたり(ここいらではカボチャを欲しがる家はあまりないのですが.....。).........食べます。

                  若いかぼちゃはさっと湯がいてサラダにしました。
                  採るときに傷いってしまったのはスープにしました。

                  かぼちゃは節分までに食べきります。

                   

                  稲刈り間近

                  2014.09.06 Saturday

                  0
                    JUGEMテーマ:今日のこと
                    8月後半は雨ばかりで、ほとんど走れる日が無かったのですが、
                    しばらくぶりに走ると、稲の穂がたわわに実って田んぼが金色に輝いていました。
                    あんなに頼りなげな小さな苗が、たったの 4 ヶ月でたっぷりと実を実らせ立派な稲に育つのだなぁ......と毎年思う。
                    そして、その 4 ヶ月があっと言う間に過ぎてしまった......と思うのも毎年のこと。

                     

                    今年は、台風でなぎ倒されている所を目にしません。
                    どこの田んぼも稲がすっくと立っていて美しい。



                    出張所の前にかぼちゃが置かれていました。
                    ますます秋を感じます。
                     

                    竹灯籠

                    2014.09.01 Monday

                    0
                                       
                      8月30日の夜、出張所の前の棚田の小径に竹で作った灯籠を並べる地元のイベントがありました。
                      今年は焼きそばやフランクフルト、おにぎりなんかの屋台も出て、にぎわっていました。
                      私たちも引っ越してきた K さん一家と一緒に久しぶりの参加。
                      こういうイベントに来たらいつも思うのは、地元の子たちが大学生になっても社会人になっても子どもの時のまんまのように(いや、子どもの時以上に?)仲良くつるんでるなぁ......ってこと。
                      こうやって、おっちゃんになってもおじいちゃんになっても、○○ちゃんとか呼び合ってこの地域をになって行くんやなぁ。
                       

                      ふくろう

                      2014.08.27 Wednesday

                      0
                        JUGEMテーマ:今日のこと
                        上の息子 H が、走って帰って来て「ふくろう、ふくろう!!」と言うので、カメラを持って着いて行くと、
                        学校の校門脇の石垣の上に、本当にふくろうがいるのでした。



                         
                        けがをしているのか近寄っても二三歩よちよち動くだけです。
                        まだ子どものふくろうのようでした。


                        しばらくして、帰って来たおチビの情報によると、「落ちて死んだ」ということですが、
                        本当は落ちたけど死んでなくて、まだ生きていたので、用務員さんが山に返しに行ったそうです。

                        でも、けがをした子どものふくろう、生き延びれるとは考えにくい......。
                        コンクリートの道端で死んでしまうよりは、せめて山の土の上での最期の方が.....いいか、な。